FC2ブログ

2月9(水)@秋葉原


 最近、高速ストライカー(マニアック)の稼ぎプレイの感覚が、雷電IIIに似てると思うようになってきた。と、言ったところで誰も賛同してくれないような気もしないでもない。

 ナイスDVDコメンタリー収録後の打ち上げの時だったか、トライジールの稼ぎプレイの感覚は大往生に似てるという話をしたら誰も賛同してくれなかったのを思い出す。大往生のコンボを繋げる感じと、トライジールの勲章を取り続ける感じは似てると今でも思ってるけど、とりあえずその話は置いといて、そもそも高速ストライカー(マニアック)の稼ぎの魅力とは何なのか。

 稼ぎの主な要素は、ここで書いたとおり、「コンボ」、「近づいて破壊」、「錬金」。このゲームの「コンボ」は蜂シリーズとかに比べれば繋げるのが簡単。ALLクリアできるぐらいの実力があれば、全ステージの「コンボ」全繋ぎはすぐできる。故に、「コンボ」で稼ぐのはそれ程「熱い」とは思えない。「錬金」は狙える場面が限られているので、これもそれ程「熱い」とは思えない。と、いうわけで、マニアックモードの稼ぎは「近づいて破壊」するのが「熱い」ということになる。

 「近づいて破壊」で真っ先に思い出すのはケツイ。高速ストライカー(マニアック)の稼ぎを始めた頃は、ケツイの稼ぎに近いんじゃないかと思ったりもした。でも、おそらくケツイとは違う。ケツイの稼ぎって、一旦ロックしちゃえば破壊する時は敵と離れてもいいわけだから、厳密に言えば「近づいて破壊」という稼ぎとは少し違うんじゃなイカ?まあオレはケツイ下手(3面が越せない)だから、この辺はもしかしたら誤解かもしれんけども。

 「近づいて破壊」で次に思い出すのは、エクスジール3号機。稼ぎシステムはほぼ同じと思っていい。しかしながら、エクスジールは敵の動きがランダムすぎる。高速ストライカー(マニアック)は、どちらかと言えば「華麗にパターンを決める」のを目指すタイプだから、ランダム要素に対応しながら稼ぐエクスジールとは違う。

 あと「近づいて破壊」で思い出すゲームといえば、KOFスカイステージとかあるけど、あのゲームの稼ぎは、オレの中では「近づいて破壊」じゃなくてレベル1必殺技で「敵に突っ込む」イメージ(※京以外のキャラだとどうなるかは知らない)だったりするから、明らかに違う。

 で、「近づいて破壊」する上に「華麗にパターンを決める」のを目指す稼ぎプレイと言えば、結局のところ雷電IIIを思い浮かべざるを得ない。雷電IIIは、「近づいて破壊」すると稼げるシステムではなく「速攻」で稼ぐシステムであるものの、速攻するためにはバルカン装備で敵に近づくプレイになるわけで、結果的に「近づいて破壊」すると稼げることになってる場面が多い。

 そんなわけで、高速ストライカー(マニアック)と雷電IIIの稼ぎプレイは似てると思うんだけど、稼がなければ全然似てない。片や遅い弾がいっぱい飛んでくるSTG、すなわちよく見てないと避けられないSTG。片や速い弾がいっぱい飛んでくるSTG、すなわちよく見ても避けられないSTG。わりかし好対照。稼がなければ対照的なゲームが、稼ぐと似てるっていうのは本当に面白いものだと思うにつけてもしみじみと感慨深い気持になるものだなぁ(直訳)。


 ガンバリッチ、久しぶりに7-3のボスに到達。残1だったので、初めて倒すことができた。てゆーか、その後は8-1が始まるものだと思い込んでたのに、7-4が始まってビックリ。しかもいきなりボス戦になったりとか。・・・・・もしかしてこれがラスボス?とりあえずつおい。

110209.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

UMC(ふなっこ)

Author:UMC(ふなっこ)
『のーコネパズルたころん』にて前人未到のタコファイター15億を達成したカリスマたころナーとはオレのことだ!
Twitterアカウント
旧ホームページ
・メールはこちら↓

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
FC2カウンター