FC2ブログ

5月2(木)@江古田、秋葉原


 スパIIX、1~2ヶ月前のバーサス東西戦の動画でサガットの立ち小キックが「足払い潰し」と言われているのを聞いて、立ち小キックの使い方が解り始めたマイレボリューション。

 互いの通常技が届くか届かないかぐらいの間合いで、相手が下段の技を振ると思われる時に出すべき技だってことだと思う。相手が下段以外の技を振ると思われる場合は立ち大パンチとか立ち中キックとかになるんじゃなかろうか。

 で、どんな時に相手が下段を振るかっていうのは色々あるんだけど、例えばVSリュウの場合、所謂「大足対空(の失敗)」をサガットの立ち小キックで潰せるっぽい。

 大足対空、即ちリュウが遠距離で波動撃ってサガットを前に跳ばせて着地点に大足の先っちょを当てる・・・というのをやろうとしても何故かあまり上手くいかない。理由はサガットのジャンプが速いからか、サガットの足が長いから近づくのが難しいのかのどちらかだと思う。リュウがサガットの着地点に大足を出してサガットがそれをガードする・・・というのがよくある。そういう時、サガット側はガードするんじゃなくて着地と同時に立ち小キックを出すと、リュウの大足を一方的に潰せるっぽい。しかもタイミングと間合いが良ければ2段ヒットするっぽい。

 ガードで後退するか、それとも立ち小キックでダメージを取りつつ相手を押し返すか、この違いは大きい。


 今日GM。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

UMC(ふなっこ)

Author:UMC(ふなっこ)
『のーコネパズルたころん』にて前人未到のタコファイター15億を達成したカリスマたころナーとはオレのことだ!
Twitterアカウント
旧ホームページ
・メールはこちら↓

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
FC2カウンター