7月27(月)@新宿、大山、秋葉原


 最近のDOA対戦について、大きく変わった2点まとめ。

1.失敗を恐れない

 これはこの時何となく気付いたのがすべての始まり。難しいことの成功率を上げたいなら、緊張感のないトレモ(CPU戦)をやるより実戦の緊張感の中で「本番=練習」みたいなやり方をした上達が早まるし、「トレモではできるのに実戦だと緊張して失敗」なんてことも減ると思う。念のため言っておくと、これはトレモを全くやらずに実戦だけやればいいと言いたいわけではない。

 さらに、他のフェーズ4使いに比べてあまりにも自分が66Kを使わないことに気付いて、66Kをどんどん使っていこうという気持ちになってきた。それまで66Kを使わなかったのは、66Kから天風に移行するのが苦手だから。66Kから天風に移行できないと投げられる。「天風失敗率が高い=投げられる確率が高い」なら、66K出さない方がいいよね、っていう考え方だった。

 でも相手の気持ちになって考えてみると、66K出さないフェーズ4ってたぶん怖くない。66K天風失敗する確率が高いにしても、何度か66Kを出しておけば、相手に対して「66Kを出すぞ」っていうプレッシーャーが与えられる。この相手に対するプレッシーャーがあるのとないのとでは大違いだということに気付くのが遅すぎた。

 野球では3割打者が投手にとって脅威だったりするから、仮に66K天風の成功率が3割程度だったとしても相手にはプレッシーャーになるんじゃなかろうかという考え方に変わってきた。7割失敗でいいなら気が楽だ。

 というような気持ちで66K使いまくってたら、天風移行の成功率が上がってきました。やっぱり世の中そういう風にできてるものだと思うにつけてもしみじみと趣き深い気持ちがするものだなぁ(直訳)。

2.非確定コンボ

 これは前に書いた。上EXホールドからのコンボ以外にも、以前はとにかく確定コンボにこだわりすぎてて、「確定コンボ以外はコンボに非ず」みたいに思ってた。確定するかどうかを調べるのは家庭用持ってないと難しいので、自分でコンボ考えるのは無理だと思ってた。

 それに加えて、「自分は格ゲー(特に3D)に関しては素人」という意識が強かったため、自分で考えるのは無理、動画とかを参考にするべきだとずっと思い続けてきた。しかし、確定じゃないコンボなら自分でも考えられるということに気付いてから、ようやく頭を使い始めた。上EXホールドからのコンボ以外も考えまくった。結果、色々思い付いたせいで対戦中に頭がフットーしそうな今日この頃。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

UMC(ふなっこ)

Author:UMC(ふなっこ)
『のーコネパズルたころん』にて前人未到のタコファイター15億を達成したカリスマたころナーとはオレのことだ!
Twitterアカウント
旧ホームページ
・メールはこちら↓

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
FC2カウンター