ジャンボウ(雀棒/JONGBOU)攻略


 アーケードの麻雀ブロックくずしゲーム、ジャンボウ(SNK/1987)攻略。ファミコン版でも通用するかも。気付いたことがあり次第随時更新。

 自機の右側にボールを当てると右側にはね返り、左側に当てると左側にはね返る。自機にボールが当たる瞬間に自機を止めていると同じ角度ではね返り、動かしていると角度が変わる。

 ボールの速度は最初は遅く徐々にスピードアップしていくが、最高速になると最遅に戻るというループを繰り返す。

 先ずは和がることよりミスらないことを重視する。アイテム(点棒を壊して出るサイコロや季節牌)を活用して和がりやすい時だけ和がり、アイテムの引きが悪い時は流局でいいと割り切る。ちなみに流局時テンパイでも特にボーナスはなく、ノーテンでもペナルティはない。

【和がるコツ】
 フィールドにある牌はかなり偏る傾向がある。例えば数個のフィールド牌をオープンしてみて萬子ばっかり出ると感じたら、配牌で萬子が少なくても萬子で染めにいく方がいいかもしれない。また、字牌が多く出る傾向にあり、字牌多めの七対子が最も和がりやすい役だと個人的には思っている(※役なしでも自獏は必ず付く)。

【アイテム(季節牌・サイコロ)】
 アイテムの効果は2つ同時に現れない。逆に言えば、効果が現れている時に他のアイテムを取らなければミスるかステージクリアするまで効果が持続する。故に、要らないアイテムは取らないように気をつける。青いサイコロを取るとほぼミスらなくなるので、青いサイコロを取った後は他のアイテムを取らないようにしたい。

・季節牌「春」・・・親になる。
・季節牌「夏」・・・フィールドの牌がすべてオープン。
・季節牌「秋」・・・フィールド最下部の左右に玉をはね返す壁ができる。
・季節牌「冬」・・・ドラが増える。
・赤いサイコロ・・・貫通弾。牌と牌の間を狙うと2列同時に落とすことができるが、同じ高さで降ってくる牌は2つ同時に取ることはできない。
・青いサイコロ・・・触れるとボールが遅くなるバリア。

【赤ドラ】
 赤ドラを取った状態で和がるとボーナスステージに突入する。他の牌と違い、取った時に画面の動きが止まらないので注意が必要。ミスるか次の面に進むと赤ドラのない状態に戻る。

【ボーナスステージ】
 ミスしても残機は減らない。10カウント以内にボーナス牌を取りまくれ!できれば1UPのパンダ牌を取りたい。

【エクステンド】
 3万点と6万点でエクステンド。

【脱衣】
 「女子校生」「バニーガール」「ディーラー(?)」の3人のうち、コインを入れる直前にデモ画面に出ていたギャルが1人目として登場する。1回和がる毎に1枚脱衣。4枚脱衣で次のギャルへ。3人全て脱がすと1人目に戻る。

【ジャンボウにない役】
・立直、ダブル立直
・「槓」が絡む役(「槓」はできない)
・対々和、混老頭(鳴くことができないので四暗刻になる)
・三連刻(恐らく四連刻も)
・大車輪
・ダブル以上の役満


(最終更新2014/10/21)
スポンサーサイト

なめんなよ!!攻略(4)~目指せカンスト~

・アーケードゲーム「なめんなよ!!(CAT’S/1982)」の攻略記事その4。上級者向け。

《1周目と2周目以降の違い》
 先ず大きな違いは、2周目以降では1面のスリップゾーンに入ったところで勝手に左に滑るということ。初見殺しの現象だが、知っていれば怖くないはず。

 次に、白バイの動きが若干違うっぽい。具体的なことははっきりしていないものの、最高地点まで上昇した場合に、2周目以降はすぐに下がらず少し停滞するようだ。ただ、かなり気付きにくいレベルの違いなので、気にしなくて良い。

 あとはアイテムの配置が若干違う部分があるものの、これもそれほど気にしなくてよい。

《安定重視》
 カンスト(100万達成でのスコアリセット)するためには、稼がなければ7~8周目、稼いでも6周目まではループしなければならない。エクステンドは1回(3万点)だけなので、「2周ノーミスは当り前」ぐらいの安定したプレイが求められる。

 故に、少しでも安定するように工夫しなければならない。たとえば、2面の2つ目の橋の渡り方。

2menhasi.jpg
(※画像はイメージです)

 上画像の赤線のルートで移動するのは危険。緑ルートのように、橋の下のヘリを目印にして早目に橋の真下に位置に移動し、ヘリをジャンプした方が安定する。

《稼ぎ》
 このゲームでは自機が下がった状態でアイテムを取ると、取ったにもかかわらずスコアが加算されないことがある。故に、アイテムをできるだけ多く「前に出て取る」のが稼ぎのキモ。

《減速横移動》
 あらかじめ前に出ておき、減速しながら横移動することによって、通常横移動より緩やかな角度で横移動することができる。

gensoku.jpg
(※画像はイメージです)

この減速横移動を使いこなさないと取れないアイテムもあるので、稼ぐ場合には必修テクニック。

 また、「橋」を渡るとき等、減速横移動をしながら位置合わせをした方が安定する場面も多い。

《おまけ》
 豆知識。アイテムはジャンプ中にも取れる。

 豆知識その2(2012.1.6追記)。ジャンプ中に「STOP」(レバー下攻撃)を出すことができる。

 豆知識その3(2012.1.6追記)。「線路」には当たっても死なない。「電車」に当たると死ぬ。

senro.jpg

 怪現象その1。ゴールに入るのと同時にジャンプすると、次の面で暫くジャンプできなくなることが稀にある。

 怪現象その2。スリップゾーン突入時、左端でレバーを左に入れてると、画面左端に自機がめり込んで死ぬ。レバーを左に入れなくても、勝手に左に滑る場合は左端に居ると死ぬ。

 怪現象その3。「川」は、実はジャンプできる。タイミングは超シビア。

 怪現象その4(2012.11.29追記)。ゴールに入る時にレバー下で「STOP」を出すと次の面で何か変なの出ちゃう。


・ご声援ありがとうございました。ふなっこ先生の次回作にご期待下さい。

その3
その2
その1

なめんなよ!!攻略(3)~目指せ1周クリア~

・アーケードゲーム「なめんなよ!!(CAT’S/1982)」の攻略記事その3。中級者向け。

《迷路》
 1周クリアを目指すためには、障害物の配置を憶えないと無理ゲー。特に、3面以降で登場する「迷路(ジャンプ不可)」は徹底的に憶えるべし。迷路は3~6面に登場するものの、同じパターンが繰り返されてるだけなので、4面分の迷路を憶えなければならないわけではない。

《4面のスリップゾーン》
 4面のスリップゾーンは入った直後以外は中央に障害物が全くないので、中央を通るのが安全な上にアイテムも回収できる。ただし、何故かスリップゾーンに入ったところで勝手に少し左に滑るので、予め右寄りの位置から入る必要がある。スリップゾーン前の灯篭(?)の左から入り、最初の障害物をジャンプで越えるのが定石。

tourou.jpg
(※画像はイメージです)

 スリップゾーンに入った時の滑り幅は若干ランダムと思われる。同じ位置から入っても、中央を走行できないことが稀にある。もし中央に入れなかった場合は、アドリブで障害物を避けるしかない。

《5面のスリップゾーン》
 右端を通れば安全。障害物が縦に3つ以上連なってる箇所がないので、右端を直進し、障害物はすべてジャンプすればOK牧場。


《6面のスリップゾーン》
 右端を通れば安全。障害物が縦に3つ以上連なってる箇所がないので、右端を直進し、障害物はすべてジャンプすればOK牧場。

 ただし、何故かスリップゾーンに入ったところで勝手に滑ることがある。しかも、4面のスリップゾーンと違い、左に滑ることもあれば右に滑ることもある。滑り方を確定させる条件は解明されていないものの、アイテムの取り方に対応している説が有力。

 6面スリップゾーン到達までのアイテムをほとんど取らなければ滑らず、アイテムを多目に取れば左に滑り、アイテムを全部取れば右に滑るのではないかと考えられている。


その4~目指せカンスト~に続く

なめんなよ!!攻略(2)~目指せ1面クリア~

・アーケードゲーム「なめんなよ!!(CAT’S/1982)」の攻略記事その2。初心者向け。

 とりあえず基礎知識編を踏まえた上で1面クリアを目指す。

《電波》
 まず注意するのは、「電波(仮称)」。と言うか、ぶっちゃけ↓コレ。

denpa.jpg

実は、赤丸で囲んである部分の青い「電波(仮称)」には、当たっても死なない。意外とこれに気付かない人は多い。ちなみに私は1周クリアしても気付いてなかった。

《スリップゾーン》
 次に、スリップゾーン。1面のスリップゾーンは左右の端に障害物が縦に連なってる箇所がある。故に、端に寄るのは危険。真ん中あたりを走行し、横移動を控えて障害物はジャンプで避けるべし。

《後半は左端》
 スリップゾーンを抜けたら、左端には一切障害物がない。あとはゴールまで左端を走行すれば1面クリアだ!


その3~目指せ1周クリア~に続く

なめんなよ!!攻略(1)~基礎知識~

・アーケードゲーム「なめんなよ!!(CAT’S /1982)」の攻略記事その1。基礎知識編。

namennnayo.jpg

nameinst.jpg

《障害物》
 このゲームの障害物の配置は完全固定パターンなので、とにかく憶える。と言っても、それほど細かく憶える必要はなく、「だいたいこの辺りを通っていれば安全」というのを憶えればよい。

 縦に2つ連なった障害物や「丸太」は引き付けてジャンプ。

《橋》
 川に掛かる「橋」は必ず右側にある。画面左側を走行していると橋を渡れなくなる危険性があるので、パターンをよく憶えていないうちは、あまり左側には寄らない方が良い。

《スリップゾーン》
 地面がピンク色の地帯は、横移動すると滑る。慣れないうちは、障害物を横移動して避けるより、横移動を控えてジャンプして避けることを心がけた方が安全。

《白バイ》
 白バイは、出現してから一定の範囲内で加速・減速(見た目的には上昇・下降)を繰り返す。自機の横移動に対しては追尾。

 「一定の範囲内」というのは具体的に言うと、画面の真ん中ちょい下よりも上には上昇することができない。つまり、白バイは、画面内の下の方より上がってくることはないわけで、白バイが動ける範囲より上に居れば、白バイに対しては安地。但し、自機も最上部まで上昇できるわけではないので、安地はそれほど広くない。

sirobai.jpg
(※画像はイメージです)

 ずっと安地に入ったままゴールまで行くこともできるが、適宜「STOP(レバー下)」で撃退するか、白バイの背後に回り込んだ方がベター。

 「STOP」は、近距離で当てても効果がない。加速上昇して白バイとの距離が離れた時にレバー下入力。「STOP」で白バイを2台撃退すれば、その面にはもう白バイは出ない。「STOP」は、1面あたり3発撃てるので、1回はスカしてもOK牧場。また、白バイが2台同時に出ることはない。

 ちなみに、1台目の白バイは自機の背後に出現する。自機が下の方に居れば白バイも下の方に出現し、自機が上の方に居れば白バイも下の方に出現するので、「STOP」で撃退したい場合は白バイを下の方に出現させたり、背後に回りこみたい場合は上の方に出現させたりすると楽。

 2台目の白バイは必ず左下の画面外から上昇してくる。出現位置を覚えていれば、白バイ登場の音を聞いた直後に画面外で「STOP」を当てて撃退することも可能。

 自機が白バイより下に位置した場合、白バイの加速・減速(上昇・下降)は止まる。故に、白バイが上昇している時に上手く背後に回り込めば、ずっと白バイの後ろに付いていく形で走行することができる。


その2~目指せ1面クリア~に続く
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

UMC(ふなっこ)

Author:UMC(ふなっこ)
『のーコネパズルたころん』にて前人未到のタコファイター15億を達成したカリスマたころナーとはオレのことだ!
Twitterアカウント
旧ホームページ
・メールはこちら↓

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
FC2カウンター